• AKIKO ONO

少し古い映画を観て学ぶこと


突然ですが、

皆さん最近何か映画をご覧になられましたでしょうか。


私は もっぱら自宅での映画鑑賞が日常となってしまいました。


NetflixにAmazonPrime そしてDisney+まで契約しているため

観たいとおもってそのままだった!というものや

あの映画また観たいなーとか・・・

あれやこれやと その時の気分で観ることができる環境に。


改めて、サブスクってありがたいですよね。



先日 思い立って いくつか映画を観ることにしました。


実話に基づくものもあれば

アクション、コメディ、恋愛、ヒューマンなどなど



いくつか観ながら・・・

こんな想いが


・まさに 今欲しい情報だ

・この当時 日本ではどうだったんだろう

・この手法こそ、今実施して効果出る人が多い

・モノづくりへの探求心とはこういうものだと思う

・この信念があったから、実現できた世界

・10年間での大きな変化


などなど

これ↑だけみたら なんだ?となりそうですが。


映画そのものに見入って 感動やドキドキ感を感じることもありますが

そんな感想とは別に

ちょっと角度変えてみている自分もそこには存在していまして

タイミングよく、気づきやヒントをもらうことがあります。


気になったものを余韻にある程度浸ったあと、調べてみたり。


改めて 名言が刺さるものもありますし。


Your customers dream of a happier and better life.

Don't move products.

Enrich lives.


自分自身もこの想いをもって仕事をしているつもりですが

もっと考えることができるとおもっています。


時間の使い方や 見る角度の持ちかたをかえると

そこには今につながるヒントがたくさん。


学ぶ時間はどこにいても 何をしていてもありますね。


さて、次は何をみてみようかな。



閲覧数:42回0件のコメント

最新記事

すべて表示