• AKIKO ONO

Clubhouseのその後

皆さんこんにちは。


前回の記事にClubhouseについて書いてみましたが

その後、私の周りでもClubhouseにはまっている方が

増えました。


そして、貴重な2枠!!と思っていたこの枠も

数日後にはさらに枠が増えていました。


日本での広がりを一気に加速させるのだろうなぁと・・・




Clubhouseをやってみて感じたこと


私の場合 変わらずラジオ的に流している感じは否めませんが

人前で話すことが好きな方はしかり

うまくこのRoomの場を回していけるような方には

もってこいなのかなと。


また、色んな時間帯に著名な方々が会話をされていることで

得たい情報が生の声で聴けるというのは

かなりしびれます。


セミナーや講演会となると

そのスケジュールを調整し、場所を抑え、事前の告知もし

集客を行い、開催、開催フォロー・・・ などなどですが

思い立ったらRoom の呼びかけがあり

(もちろんお仲間同士、ここで話してくださいね!などの

礼儀はわきまえたうえで、されていると思います)

さくさく部屋がたちあがり、

あっという間に聴衆があつまる・・・


ここで話したことは記録(録音も書き出すことも)してはいけないのですが

記憶の中には 声だけに集中するのである意味とても鮮明な感じで

刻まれるのではないかと思います。


その反面、時間は区切った感じでやっていかないと

気づいたらこんなに時間が過ぎていた・・・となりかねないため

このあたりも自身のコントロール次第。。

部屋によっては ●分限定で・・としっかり区切られて話されたりもあるので

それはそれでありがたいかな。



ROOMの立ち上げ


次はテーマ決めてRoomの立ち上げを

行ってみたいと思います。


色んな企業とのコラボ 考えてみたいと思います。



ちなみに私はとあるお仕事で・・・

動画の音声であったり、インタビューなども行うことがあったり・・・

せっかくなので、皆さんとの会話を楽しんでみたいなと思いますので

もしこれをご覧になられた方!

お声かけくださいませ。




閲覧数:48回0件のコメント

最新記事

すべて表示